受付時間

かりの鍼灸整骨院 0722475783

かりの鍼灸整骨院 LINE

  • VOICE OF THE THERAPISTに掲載されました

オスグッド病

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 痛くて歩けない
  • ひざ下に腫れがある
  • ひざ下を押すと痛い
  • ひざを曲げると痛みが走る
  • ジャンプ動作や屈伸動作でひざ下が痛くなる
  • 最近ひざの下あたりが膨らんできている気がする
  • スポーツに支障がある痛みがある
  • スポーツに取り組んでいて、早く治したい
  • 整形外科に行っても薬と湿布しか出されなくてどうしていいかわからない
  • 整骨院ではマッサージしかしてもらえなかった

小学生〜中学生の成長期の頃に、ひざの下あたりに痛みを起こした経験はありませんか?

それ、実は「オスグッド病」と呼ばれる疾患だったかもしれません!!

特にサッカーや野球、テニス、バスケットボールといったスポーツを熱心にされているお子様に多い傾向にあります。

ではなぜオスグッド病は起こるのか?

まずはそこから解説致します。

  • 患者様とのツーショット写真

オスグッド病とは?|堺市美原区 かりの鍼灸整骨院

正式名称を『オスグッド・シュラッター病』といいます。アメリカの整形外科医オスグッド氏と、スイスの外科医シュラッター氏が、この症例を学会に報告したことから名づけられました。

ひざの下あたりに痛みを引き起こす特有の疾患です。

大腿骨の下には脛骨(けいこつ)と呼ばれる骨が存在します。その脛骨という骨の上に脛骨粗面(けいこつそめん)という隆起した部分があります。

大腿四頭筋と呼ばれる筋肉は太ももの前に付着しており、お皿の上を通って、この脛骨粗面に付着します。

サッカーや野球、テニス、バスケットボールなどのスポーツで膝を曲げ伸ばす動きを繰り返し行っていると、大腿四頭筋が動くことにより脛骨粗面の付着部が強く引っ張られる状態が続きます。

その時に、骨端軟骨の一部が剥がれ、炎症を起こしてしまいます。これがオスグッド・シュラッター病です。

子どもの骨は、非常に柔らかく柔軟性があります。ですので、一定の負荷がかかってしまうと骨端軟骨が剥がれるといった現象が起きてしまいます。

また、骨の成長スピードに対して筋肉や腱の成長が追いつかず、アンバランスな筋骨格構造になっている事もオスグッド病になる原因とも考えられます。

では、どうすれば痛みが消えていくのでしょうか?

オスグッド病を治すポイント|堺市美原区 かりの鍼灸整骨院

⑴大腿四頭筋の筋肉を緩める

⑵姿勢を正し、大腿四頭筋への負担を軽減させる

⑶インソールにて足元のアンバランスを解消する

⑷殿筋やハムストリングスなどの強化を行いアンバランスな状態を解消する

オスグッド病の治療方法|堺市美原区 かりの鍼灸整骨院

整形外科での治療方法としては、痛みが取れるまで安静、消炎鎮痛薬(外用内服)や超音波、低周波などの物理療法などが行われます。まれに骨片摘出術やドリリング術(でっぱった骨に穴を開けて出血させ、リフレッシュさせる。骨穿孔術ともいう)を行います。

しかし、どの方法を行っても基本的には対症療法にしかなりません。なぜなら根本的な原因として「体のアライメント(軸)がぶれている」からです。

筋年スマホやゲームなどの普及により姿勢の悪化が著しく、猫背巻き肩のお子様が増えています。

その状態でハードな練習をしてしまうと、筋骨格のアンバランスにより痛みを引き起こしやすくなります。

とくにサッカーなどのスポーツをしているお子様などは「走る」「蹴る」「ジャンプする」という動きが非常に多いことから、オスグッド病になる確率は非常に高いと考えられています。

当院では、まずこの姿勢の改善や日頃の姿勢指導から行います。

どこへ行っても基本は安静と言われますが、何の解決にもなりません。もちろん腱が骨から剥がれてしまう状態や歩行困難な場合であれば、安静も必要とはなりますが、安静ばかりでもちゃんとオスグッド病が治ったことにはなりません。

まずは大腿部の筋肉(脛骨粗面に付着する筋肉)への負担を減らしていく事が最優先です。

その上で、痛みの緩和の為の筋肉の緊張緩和の為のマッサージや鍼、脛骨粗面の炎症を取り除くための特殊な電気療法などにより痛みの早期緩和を行っていきます。

また、足に合わないサイズの靴の履いてしまっていたり、靴ひもを締めずにスポーツをしているお子様もいらっしゃいますので、そのあたりの指導やインソールの提案なども行って参ります。

オスグッド病の症状を緩和させる前太もものストレッチ方法|堺市美原区 かりの鍼灸整骨院

⑴平らな場所で片足を曲げる

⑵腕で支えながら床に向かって背中を少しずつ倒していく

⑶これ以上曲がらないというところで息を吐きながら5秒間数える

⑷これを5回繰り返す

⑸反対足も同様に行う

症状がなくなっても激しく動かすと痛むこともあります。その場合はストレッチをしてから始める、アイシングを適切に行う、補助バンドを膝につけるなどを取り入れましょう。

なかなか症状が治まらない場合は当院へ一度ご相談下さい。

お問い合わせ|かりの鍼灸整骨院

かりの鍼灸整骨院

0722475783

かりの鍼灸整骨院 LINE

住所

〒587-0052
堺市美原区南余部161-1

アクセス

南海高野線「北野田駅」から
徒歩15分

駐車場

駐車場1台完備

受付時間