受付時間

かりの鍼灸整骨院 0722475783

かりの鍼灸整骨院 LINE

坐骨神経痛

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 歩いていると足がしびれてくる
  • 座っているのにふくらはぎの裏側が痛む
  • 寝ていてもお尻からふくらはぎの部分に電気が走ったような痛みが起こる
  • 最近足がしびれたり感覚が弱くなったりする
  • マッサージしているがあまり良くならない

坐骨神経痛とは?|堺市美原区 かりの鍼灸整骨院

坐骨神経はお尻から足の指までつながっている、最も長い末梢神経です。
この神経が刺激によって起こる痛みやしびれ、麻痺などを総称して「坐骨神経痛」と呼び、症状名です。
坐骨神経痛を起こす病気には腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、梨状筋症候群などがあり、これらはレントゲンやMRIなどの画像で確認できます。

しかし中には原因が特定できない場合があり、その場合は「坐骨神経痛」が病名になります。
つまり、整形外科で坐骨神経痛と診断された場合、原因がわからず治療法もない、ということなのです。
そのため、治療は鎮痛薬や湿布、注射、コルセットの着用などの対症療法となります。

当院が考える坐骨神経痛の原因とは?|堺市美原区 かりの鍼灸整骨院

対症療法はあくまで症状をごまかすためのもので、続けるとどんどん悪化してしまいます。
それを「加齢」の一言で片づける医師は少なくありませんが、当院では原因不明とされる坐骨神経痛の根本の原因を「身体の歪み」と考えています。

人間の身体には健康を維持するための自己防御力が備わっており、不自然な姿勢を取っていると自然に伸びをしたり腰を反らしたりして、歪みを治そうとします。

しかし、デスクワークや家事などで毎日同じような姿勢を取っていると感覚が麻痺してしまい、放置するようになります。
すると筋肉や骨格が歪んできて神経を圧迫してしまい、痛みやしびれを起こすのです。

当院の治療方針|堺市美原区 かりの鍼灸整骨院

当院では、悪化して足が動かなくならないよう、歪みを矯正する施術を行なっています。
そのために、まずどの部分が歪んでいるのかを正確に判断します。
これをしないままに行なう足全体のマッサージや整体などは、問題のない箇所に刺激を与えることで歪みがひどくなったり、再発したりしやすいのです。
また、坐骨神経痛の根本原因が脊椎や股関節に問題がある場合も多いため、足だけ見ていては根本的な解決にはなりません。

原因となる箇所を見つけたら、その部分を中心に施術を行なっていきます。
歪んでいる骨格を矯正することで姿勢が良くなると坐骨神経への圧迫がなくなり、痛みやしびれが緩和していきます。
さらに、かすかな歪みでも身体が感知し、無意識のうちに伸びや反りなどができるようになり、歪みにくい身体へと変化していくのです。

坐骨神経痛の症状にお悩みの方は、ぜひ当院にご相談ください。

お問い合わせ|かりの鍼灸整骨院

かりの鍼灸整骨院

0722475783

かりの鍼灸整骨院 LINE

住所

〒587-0052
堺市美原区南余部161-1

アクセス

南海高野線「北野田駅」から
徒歩15分

駐車場

駐車場1台完備

受付時間